裏カンファレンスレポート

まつーらでございます。
先週はカンファレンス週間でした。

カンファレンス前日、とある用事で会ったこの3人

北見 芙美子 安田 幸代 松裏 有希

「何着て行くの?」
「あるもので行く?」
「きれい目?」
「何着よ?」
「行こー!ルミネ♩」

用事はものの5分でとっとと終え
横浜ルミネへ。
(約束は、「そうだ、ルミネ行こう。」は入っていなかったが、当然行く予定にしていたであろう3名)

アローズで楽しく一通り拝見後
ミラオーウェンに移動
試着し勝手な感想をズバズバいう私たちに
店員さんが
「楽しそうですね」
「ええ、だいたいいつも楽しいです」
「みなさんで旅行なのですか?」
「ええ、そーなんですよー」

旅行違いますよ北見さん、お勉強です。

一応真面目なブログを書いていたが・・・

そして
一通りミラオーウェンで満喫したあと(満喫というかお買い上げ?)
今、林大先生一押しのリエス

あら?これ素敵じゃん

(画像お借りしています)

「セットアップにもなりますよー」と定員さん。
「いいじゃん!、ゆきさんベージュがいいよね?着てみな」

ベージュのセットアップ、まつうらさん、はい着ました。

・・・・

安田「ラクダの肌着?」

(画像お借りしております。 残念ながら、わたしの画像はなし)

北見慌てて
「ゆきさんはさー、メリハリがいるんだよ、黒に変えな、あとパンツはワンサイズアップよね」
パンツを黒に変更

「いいじゃんーよくなった!やっぱメリハリだよ。」
脱、ラクダということでお買い上げに。

 

林智子大先生の解説によると>

北見や、まつうらの場合
彩度が高い(色をしっかり感じる)方が得意。
ぼんやりしたベージュのセットアップを着るとラクダ🐪になるが
ボトムスに黒のようなはっきりした色を合わせるメリハリコーデにすれば、脱ラクダ。オサレになる

ちなみにベージュよりもキャメルの方が得意色です(本当のラクダ🐪ですな。)

 

いや〜林先生さすがっす

 

そしてカンファレンス当日、
ウッディ、遅れて登場

 

スマストの「ス」、このあと、「マスト」を特にやったわけではない・・・

 

「ウッディそのセットアップ似合うねー」
「その色さー私(まつうら)着たらどうなる?」

「囚人」

 

<まとめ>

なんどもいうが彩度が必要なまつうらの場合・・・

おしゃれなはずのニュアンスカラー(低彩度)
セットアップもまつーらが着ると
「ラクダの肌着」か「囚人」

 

余談
またまたリエスで
サテンのリボンのワンピース(ブルー)
どうせ似合わないだろうよと思い
レジ前でネタのごとくわたしに当ててみたら
安田「昭和の演歌歌手ですか?」もうさ、お店のお姉さんにも失礼なのよね。

 

もう一個余談(いくつあるのだ余談)
カンファレンス帰りの新幹線で
ワゴン登場
boss待ってましたと止める
「ビールは、プレミアムモルツ、アサヒスーパードライ、キリンの一番搾りがござい・・・」
間髪入れず
安田

「サッポロの…」
話聞いてる????

安田「私はサッポロときめてるんですー」

お姉さんも、全く笑ってくれませんでした。

余談はもっとありますが、これくらいにしておきますね。

 

このページのトップへ