WORKS
事例紹介

片づけの原動力

こんにちは。メンバー田部です。

10月~12月でHOME16期が開催されました。

担当させていただいたAさまの事例をご紹介します。

家族構成・お住まい

・ご主人さま、14歳と11歳の女の子の4人暮らし・戸建て持ち家

 

受講動機

・毎日をストレスなく効率的に過ごすために片づけたい

・子供の受験に備えて勉強しやすい家にしたい

・子供の成長に伴うものの見直しが追いついていないので、このタイミングでリセットしたい

  • Before
    After

    コンロ下には火周りで使うフライパン、液体調味料(開封済)を収めるようにしました。

  • Before
    After

    コンロ下にフライパンを収められたことで、こちらの棚もすっきりしました。

    オープン棚は見た目を意識しながら整えると、キッチン全体の印象がすっきりしますね!

  • Before

    After

    元々吊戸棚に収めていたお弁当グッズは、お子さまたちも出し入れしやすい位置に移動しました。

    自分で出し入れできる位置に収めることによって、「あれ取って~」から解放されますね!

    (作業後の変化)

    ・2度、寝坊してしまったにもかかわらず、朝のお弁当作りが間に合い、自分でもびっくりした。

    ・もともと子供たちの参加率が高いキッチンだったが(お姉ちゃんはお弁当を自分で作っているそうです!)

    子供が使うものを出し入れしやすい位置に配置したため、子供たちもスムーズに動けている。

     

  • Before
    After
  • Before
    After

ものの見直し作業からはじめました。

手放すものもかなり出たそうです。

 

全体で部屋の使い方の見直しを行う時は、

逆算して(A部屋のものをB部屋に移動したい、

そのためにはB部屋のものをC部屋に移動する必要がある、

そのためにはC部屋のスペースをあける必要がある、など)

進めていく必要があります。

Aさまの場合、和室から進めるのが最適と判断しました。

 

(作業後の変化)

・空気が変わった。

・今後は、デスクを設置して、勉強や作業ができるスペースとして使いたい!

 

―――――――

初回講座の時に、

「これまで片づけられなかった黒歴史を終わらせたい!」

という風にお話しされていたAさま。

 

お仕事もお忙しく、HOME編受講期間中はご長女さまの受験に関する諸々も重なり、

目の回るようなお忙しい日々を送っていらっしゃいました。

そのような中、片付ける時間(そしてエネルギーも!)を確保するのも大変だったと思います。

 

最終講で、

「ここまで進めることができた原動力は何だったと思いますか?」とお伺いしたところ、

「子供です。」とおっしゃり、

「今後も何とか進められそうです!!」と晴れやかなお顔でお話しくださったのが印象的でした。

 

家族のために、子供のために、「片付けたい」という想い。

HOME編では、想いを形にするための、

片付けを実践するための、お手伝いをさせていただきます。

 

次回は2020年1月スタートです。

ご参加お待ちしております!

このページのトップへ