最近の投稿

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
       
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
       
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
       
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
891011121314
15161718192021
22232425262728
29      
       
ブログ

過ぎた時間とこれからの時間と

こんばんは。
スタッフ北見です。

昨日、今日とキッチンの作業に行ってまいりました。
昨日は未就学児のお子さまとおなかにベビちゃんのいるワーキングママ。
今日は男の子お二人を育てあげた専業主婦のママ。

作業を通し、キッチンにあるモノとお話しを伺いながら、我が家、そして私自身がお二人のちょうど間にいる時間なんだなぁとなんとも感慨深い時間となりました。

割れない食器とお食事エプロン。
お友達が来たとき用の割れないカラフルなコップ。
あの時はいつも必死で大変だったけれど、我が子と同じお食事エプロンを見た時、
「もぐらなっとうたべるーー」(オクラ納豆をそう呼んでいました^^)
と言っていた2歳の頃の息子を思い出しました。

男の子お二人を育てあげた専業主婦のママは、
「男の子はとにかくお腹を満たしてあげないと!!いつも冷蔵庫をぱんぱんにしていたの。
その癖が抜けないのね。夫婦2人になったのに、食材をついつい買ってしまう。。」
そうおっしゃりながら、いつものごはんを用意してくださいました。

それは、自分のことなんか構わずに、家族のために毎日毎日ごはんを作っていたお母さんの味がしました。

S__75816967

一緒にいたスタッフのやっちゃんが、
「ずっとごはんを作ってきた人の味ですね」と言いました。

そうかぁ。 ずっとごはんを作ってきた人の味かぁ。
今まさに育ち盛りの子供たちのごはんを作っている私にとって、(それがなかなかキツかったものですから)
なんだかとっても励みになるごはんと言葉でした。

過ぎてみないとわからないことがたくさんあるけれど、毎日のことがずっと繋がっていくんだなぁと、昨日と今日のお客様との作業を通してまた心に響いた時間でした。

Tさま、Kさま、ありがとうございました!

 

このページのトップへ