我が家の長男がお料理男子になるまで

こんにちは!

メンバーの田子島です。

 

我が家には6歳と3歳の男の子がいるのですが、

その長男が最近「お料理大好き」と言って

色々とお手伝いをしてくれます!

 

今日はお料理男子になった経緯について

書きたいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

長男にお料理をさせようと思ったきっかけは

スマストの人気講座、

「SMART LIFEの作り方 HOME編」の最中でした。

 

講座のシェアタイム中、

受講生の方の何人かが

「キッチンを片付けて子供にお料理をさせたい!」

とお話ししているのを聞き、

 

「そうだ、私も料理を教えよう!」

と思い立ちました。

(こちらの講座、メンバーも受講生の方々から

常に学びと気づきをいただいているのです!

ありがとうございます!)

 

 

私は子供と遊ぶのが大の苦手…

 

かといって、兄弟だけで遊ばせておいて

自分のことをするのも

ちょっぴり罪悪感を感じる…

 

ならば、一緒に家事をやればいいんだー!

 

今までは、自分がやった方が早いと

避けてきたけれども、我が家は男の子二人

 

女の子と違って、

素直なうちに色々と仕込んでおかないと

絶対に手伝わなくなる!

 

そんな考えが頭をめぐり、

早速アマゾンで子供用のお料理本と

子供でも扱いやすい小さなフライパンを購入しました。


自分専用の道具があることで

長男のやる気スイッチはオン!

 

料理本を見ては、作りたいページに付箋を貼っていました

 

料理に興味を持ってもらうという

第一段階はまずは成功です

 

 

最初に作りたいと言ったのは

・ゆかりチーズご飯

・ハムエッグ

・中華スープ

 

ゆかりを混ぜて、ちぎったスライスチーズを乗せたもの

 

大人にはそんなに嬉しいメニューではないけれど(笑)

反対せずに受け入れ、

褒めて褒めて褒めまくりました!

 

そんなことを何度か繰り返しているうちに、

私の誕生日には料理を作ってくれると…!

 

当日はお買い物リストを作るところからスタート!

 

 

夫のサポートのもと

スーパーで材料も購入し、

うどんナポリタンと豚汁を作ってくれました!

(その間、私は一人時間)

 

 

今回振り返ってみて、

長男がお料理好きになったポイントは…

 

・本人の作りたいものを作らせる

・褒めて褒めて褒めまくる

・子供専用グッズで盛り上げる

・細かいことは言わない

 (材料が高い、メニューのバランスが悪いなど)

 

だったな、と思います。

 

まだまだ大人のサポートは必要だけど

一人でお料理ができるようになったら

 

私の家事が楽になるだけでなく、

家族に貢献できているということで

本人の自己肯定感もアップ、

生きる力も身に付く!

 

そして、冷蔵庫のありもので

ささっとメニューを組み立てたり、

買い物計画を立てることで

論理的な思考も身につくかもしれません。

 

もういい事づくめ

 

最初は大人がやった方が早かったり

口出ししたいこともたくさんあると思いますが、

そこはぐっと我慢!

 

そこを乗り越えれば、きっと素晴らしい未来が…

 

お家にいる時間が長い今、

ぜひお子さまと一緒にお料理に

チャレンジしてみるのはいかがでしょうか?

このページのトップへ