BLOG
SMART LIFE 通信

聞いてみました!メンバー田中の自宅の気になるインテリア、暮らしの工夫〈中編〉

こんにちは!メンバー金子です。
やっと暑さが和らぎ、秋の気配がしてきました。

9月10月と、これからの過ごしやすい季節は、お片づけにも最適な時期でもあります!


+ + + +

さて、大変お待たせしました。
前回から間が空いてしまいましたが、わたし金子が紹介しております、
スマストメンバー田中の自宅紹介・中編です!

(田中語録が素晴らしく、ぜひじっくり読んでいただきたいので中編、後編の2回に分けてお送りさせていただきます!!)

前編はこちら

●暮らしの工夫について

 

——お仕事が忙しいと思いますが、家族との家事シェアはどんな風にされていますか?

田中:家事シェア・・・紆余曲折がありましたよ~(苦笑)

専業主婦からライフオーガナイザーになって、仕事を始めて数年間は、忙しさに波があったので、自分の事をワーキングマザーと呼んでいいか自信がなかったんです(笑)だから家事シェアについても最初は曖昧で、よく夫婦喧嘩もしました^^;

元々、夫は家事や子育てに対して協力的ではあったのですが、何せ忙しいし帰宅時間も決まっていなくて。お願いして余裕があれば手伝ってくれましたが、余裕が無いとやらない。折角やってくれても作業の途中までだったりするのが、私にはストレスで。

スマストに入って忙しくなったのを機に、家事のやり方や家事シェアについて見直し、担当制にして一つ家事をやりきってもらうようにしました。

今、主人は私が苦手な家事・食器洗いを毎日やってくれています(我が家には文明の利器・食洗機が無いのです~泣)
それから私がついガミガミ言いたくなる子供のお勉強関連も、夫が見てくれて助かっています。苦手な事は得意な人に任せるのが一番!

私の担当は主に料理、洗濯関連と掃除です。
それ以外の細かな家事(ゴミ出し、買い出し等々)は、私主導の元、家族で手分けして回してる感じです。

毎日ではないですが、子供もお手伝い上手です。
忙しい時はアルバイトで巻き込みます。めっちゃ戦力です!

 

——日々の暮らしをまわすためにしている工夫はありますか?


田中:自分のキャパが小さいので、家族に「あれどこ?これどこ?」と聞かれるのが、めっちゃ面倒くさいんです~(笑)
なるべく聞かれないようにしたい!家族で自分の事はできるだけ自分でやってもらえるようにと思ってこれまで仕組みを考えてきました。


●うまくいかない時は見直しのチャンス!家族が戻しやすい物の住所決め

例えばですが、以前は“衛生用品”のカテゴリーで、爪切りや体温計などをまとめてダイニング近くに収納していたのですが、定期的に使う爪切りを家族が毎回定位置に戻してくれなくて!

場所や収納は分かりやすいから夫も子供も自分で出して使える。
でも、戻す時はわざわざの数歩が面倒で、後で戻そうと思って忘れる→いつも私に注意されるの繰り返しで(苦笑)

私も含めて、我が家は家族全員面倒くさがり^^;
「出す」より、「戻す」に着目して見直しを行いました。


夫と子供はリビングで、ソファ横のゴミ箱を使っていつも爪を切るので、一歩も歩かずに済む場所に住所を変更しました。

ローテーブルの引きだしに定位置を作って。

 

“わざわざ”戻しに行かなくていい。面倒くさがりなタイプにはこれが大事!
(ちなみに私の爪切りは、洗面所で使う事が多いのでそちらが定位置です)

ローテーブルには他にも、この場所で遊ぶカードゲーム等が収納されています。


こんな風に、一旦物の住所を決めてもうまく行かなかった場合は、細かな見直しを行ってきたので、今は家族が暮らしやすい仕組みがいっぱいだと思います。

——なるほど、使う人に合わせて場所を決める。うまく行かない時は更に見直すから快適なのですね!

忙しいママのストレスを減らす工夫、他にはありますか?

  • ●小さなイライラを先に潰す


田中:そうですね~。
私ズボラなので“詰め替え”や“補充”作業が嫌いなのですが、自分以外の家族ってハンドソープとか洗剤が切れても誰も詰め替えてくれないんです!(わが家だけ?)見えない家事ってやつですが、いつも気づくのがママなんですよね。意地になって気づかない振りをしてみた事もあったんですけど(笑)それも不便だし、結局自分だけがイライラを感じてる。

忙しい時に詰め替えなきゃ!と感じる事が一番ストレスだったので、先手を打つ事にしました!

名付けて、“先回り詰め替え&補充祭り”
(「祭り」をつけると大げさで楽しくなります。試してみてください)

 

ティッシュは半分位に量が減った時点で次のストックを入れておく。
(パンパンになりますが気にしません・笑)

 


洗剤も一つ詰め替えるなら、同時に他も先回りして追加しておく。
自分で未来の自分をちょっとだけ助けている感じが好きです^^

これは自分でやる事も出来ますし、実は週末に家族にお手伝いを頼みやすい家事でもあります。

 

~後編へ続く~

このページのトップへ